ビクトリアの語学学校へ体験入学

ビクトリアの語学学校へ体験入学

11月初め、ビクトリアの語学学校へ体験入学へ行ってきました。

わたしは9月からGEOSへ通っていたのですが、
思っていた以上に日本人が多すぎることと、
また違う学校の授業内容も見てみかったので体験入学をすることに決めました。

語学学校の体験入学はエージェント(BRAND NEW WAY)に手配してもらいましたが、
手配料や見学料はすべて無料でした。

このときわたしが行ったのは「Global Village」、「inlingua」、「スチュワートカレッジ」、「REV」ですが、2019年現在スチュワートカレッジとREVは残念ながら閉校してしまっています。

どちらも会話重視で授業をすすめてくれる学校だったので、わたしとしてはかなり残念です(^^;)

それでは早速ですが、それぞれの学校の雰囲気などわたしが感じたことを簡単にお伝えしていきたいと思います。

Advertisement

Global Village

学校がある場所はダウンタウンの中心地、
ベイセンターのビューSt.側の出入り口を出てすぐのブロードSt.沿いで、
近くには日本食レストランの「Azuma Sushi」があります。

Global Village」は世界中に学校があり、
ビクトリアにある語学学校の中でも規模がとても大きく、多くの留学生がこの学校に通っていて、
クラスはレベル1~8まで細かく分かれているのもこの学校の特徴です。

学校は8時45分からのため、見学日当日は8時30分ごろに到着するように行き、
受け付けで学校見学を予約していた旨を伝え待っていると、
担当の先生が来て見学をするクラスに案内をしてくれます。

(ちなみにこの学校には日本人スタッフがいますが、
わたしが見学に行った日はたまたま居なかったようですべて英語で案内されました。)

わたしはレベル1のクラスの体験入学に行ったのですが、
1クラスの生徒の多さに少しびっくり(◎_◎;)

教室の広さはGEOSよりも狭く、
10人でも狭く感じるような広さの教室に20人近くの生徒がひしめき合って座ってました。

生徒の国籍は日本、スイス、ブラジル、韓国、スペインと様々な国の人がいて、
日本人は私を入れて3人だったので比較的日本人の割合は少ないのではないかと思います。

年齢は20代前半の人が多く、落ち着いているというよりも、
若々しさというか活発な感じがしました。

体験入学は朝の1限目と2限目だったのですが、
1・2限目ともにグラマー、ボキャブラリー、スピーキング、リスニングを
組み合わせた授業内容です。

その日習う新しい文法の問題を解いたり、
習った文法をみんなと一緒に会話やゲームをしながら覚えていきます。

全体的な感想としては、生徒が若いのもあってか活気にあふれてはいましたが、
生徒一人一人に先生の目がいきわたっているかというとちょっと違うかなと感じました。

Advertisement

inlingua

この学校もダウンタウンの中心地、
お土産屋さんが並ぶガバメントSt.沿いのバーガーキングのすぐ隣にあります。

inlingua」はもともとはスイスにあった学校ですが、
現在では「Global Village」と同じく世界規模の学校となっていて、
世界に300を超える語学学校を有しており、クラスはレベル1~6までに分かれています。

授業は9時からなので、授業が始まる前に受付に行き体験入学の旨を伝えると
日本人スタッフの方が丁寧に体験入学の流れを説明し、その後クラスまで案内してくれます。

案内されたレベル1のクラスには7人の生徒がいて、
国籍は韓国、日本、ブラジルでみんな18歳~20歳前後と若かったです(*^^*)

教室は10人入ると少し狭く感じるような広さでしたが、
わたしが行った時期は一クラスの人数が少なかったのでちょうどいい広さでした。

授業は1限目はグラマー、2限目はリーディングとライティング、
3限目はスピーキングとリスニングとなっています。

1限目は新しい文法の授業とその文法を使った問題を解き、
解けたらその場で先生に確認してもらいます。

その場ですぐに間違いを指摘してくれるので、
生徒がちゃんと理解しているのかを先生がチェックできる体制になっていると思います。

2限目のリーディングとライティングでは、
テキストに沿って授業が進められます。

まずはテキストに描かれている文章を区切って、一人ずつ読み合わせをしていき、
そのあとはその文章に書かれている内容をくみ取り、
自分の意見を文章にしてみるといった感じでした。

2限目が終わったあとはランチタイム、
ほとんどの生徒がラウンジへ行き昼食を摂りますが、教室で食べることもできます。

ランチタイムは12時から45分間なので、
3限目は12時45分から始まります。

このランチタイムのとき、日本人カウンセラーの先生に呼ばれて、
3限目はもう一つ上のクラスで授業を受けてみないかと言われましたが、
わたしとしてはこの時点でこの学校には入学しないと決めていたのでクラスの変更はしないと伝えました。

でも、たった2回の授業で自分がどのくらいのレベルなのかをしっかりと見てくれているっていうのは生徒としては嬉しいことですよね(^-^)

そして午後の授業3限目はリスニングとスピーキング。
リスニングの時間はDVDを見ながらの授業で、スピーキングはゲームを使ってみんなで会話をしていきます。

最後の方は時間が少し余ったので、
英語の授業でおなじみのハングマンという単語のゲームで終了( ^)o(^ )

inlingua」も若い人が多く活気にあふれてました。
あと見た感じ南米からの留学生と韓国人の生徒が多いかなという印象を受けました。

授業をしてくれた先生はとても楽しい先生で、
1~3限目まで全部同じ先生が教えてくれるので生徒一人一人としっかりと
コミュニケーションが取れているのではないかと感じました。

※スチュワートカレッジとREVはすでに閉校しているので割愛しますm(__)m

Advertisement

おすすめの学校は・・・

4つの学校に体験入学をしましたが、
わたし個人としておすすめするのは「inlingua」です。

先生も面白く授業が楽しかったですし、授業中も会話をする時間が多かったので、
スピーキングを集中的に勉強したい人にはおすすめの学校だと思います。

今回行った語学学校以外にも、大学付属の語学学校などもあります。
ただ、授業料は少し高めです。

金銭的に余裕がある人、または本格的に英語の勉強をして現地の大学に通う目的がある人は、
大学付属の語学学校に通われることをおすすめします。

おわりに

この体験入学に参加してみて思ったのですが、
語学学校は事前に選ぶのではなく、現地に行っていろんな学校の体験入学をしてみて、
学校の雰囲気や授業内容を確認してから申し込むのがいいのではないかと感じました。

そのほうが、授業料も無駄にせずに済みますし、
自分にあった学校をしっかりと選ぶことができます。

わたしは事前に日本で選んでしまっていたので、
正直いま後悔しています(もう日本に帰ってきていますが・・・)。

最初からこの学校に絶対行きたい!!って決めている人は
事前に申し込んでもいいと思いますが、特に決めていない人は、
体験入学をしたあとに申し込むことをおすすめします。

みなさんが語学学校ライフを楽しむことができますように!!