とある新入生との出会い

とある新入生との出会い

月曜日、今日はGEOSに新しい生徒さんたちが入学する日。

わたしがいるレベル1のクラスにも新入生が来るかは分からないけど、朝から少し緊張気味・・・( 一一)
どんな人に出会えるのか楽しみだけど、できれば日本人じゃない方がいいなぁ。。。

なんてことを考えていたら、2限目から新入生が一気に7人加入~!!
日本人の割合はというと、9割。
・・・ん? 9割??? えーっと、7人中6人が日本人( ゚Д゚)

ということは、レベル1のクラスは今の時点で約8割が日本人ということになります(´;ω;`)ウッ
出身国の内訳は、日本10人、サウジアラビア2人、シリア1人。

なんとなく覚悟はしていましたが、まさかここまで日本人の割合が多いクラスになるとは想像もしていませんでした。

せめて半分くらいならと思っていたのですが、予想外の展開に少し戸惑いました😞

レベル2のクラスにもたくさんの日本人が入学していて、1クラス20人ほどになり、みんながひしめきあって机に座っていたのを今でも覚えてます。

それを考えると、わたしのいたレベル1のクラスはまだ全然マシなほうだったかな(^^;)

でも新入生の自己紹介を聞いてる限りでは、みんあ明るくて優しそうな人ばかりみたいなので少しホッとしました。

これから一緒に勉強していくクラスメイトなので、わたしも早く仲良くできたらいいな(^^♪

ちなみにわたしが見た限りでは、GEOSは中東諸国(サウジアラビアやシリアなど)、ブラジル、台湾、日本出身の人の割合がかなり多かった気がします。
もちろんダントツで割合が多かったのは日本です 🙂

いまはとりあずこの学校に通って、近いうちに他の学校も見学してみて、学校移ることも視野に入れてみようっと。

Advertisement

そして今日入学してきた新入生の中に、今でも忘れられない子が一人います。
その子は家族と一緒にシリアからカナダへ移民をしに来た子で、年齢は当時まだ14歳。

英語が全く話せないためカナダの学校へは行かず、いったん語学学校に勉強をしにきているとのことでした。

その子はとってもおとなしく、お昼も一人で過ごしていることが多かったので、よく話しかけたりしてました。笑うととってもcuteな女の子だったんです💙

授業中も同じテーブルに座らせてもらって、休み時間などはお互いのいろんなことを話しました。

彼女は自分の家族のことや、シリアにいる親戚や友達のことなども包み隠さず全部教えてくれて。
その人たちのことを話すときの顔はとっても嬉しそうでした。

でもシリアという国のことを話すときは悲しい顔になり、なぜ自分たち家族がカナダに移民をしにきたのかを話してくれました。

シリアでは紛争が続いていて、爆撃がいつあってもおかしくない状況の中で暮らしていた。現に彼女のお兄さんはその爆撃が原因で命を落とし、家族のためにお父さんが母国を出る決断をしカナダへ来た。

自分たちはいま紛争のないところにいるけれど、親戚や友達はみんなシリアに残って暮らしているからとても心配だ、と。

そして彼女とその話をしているときに一番印象に残ったのが、わたしが彼女にある質問をしたときのこと。

「シリアに帰りたい?」

すると彼女は真っ先に、「帰りたい」と答えました。

正直すこし驚きました。
だってわたしなら、紛争まっただ中の国に帰るなんて絶対にイヤだと答えるから。

「どうして帰りたいの?紛争が続いてて危険なんだよね?」

「うん。でもやっぱり自分の生まれ育った国で暮らしたい。
それに、今の生活はとても平和だけど、親戚や友達のいないここでの生活はとても寂しい・・・」

確かに昼休みになると、すぐにシリアにいる親戚や友達とテレビ電話をしていたので、本当に寂しかったんだと思います。
お互いに無事を確認するかのように本当に毎日彼女は電話していました。

Advertisement

わたしなんか、日本に居る両親や姉、甥っ子とテレビ電話をするの多くて1週間に1回。メールも毎日するわけじゃなく、気が向いたときにするくらい。

でも彼女を見ていて思いました。
家族とか友達って当たり前にいつもいてくれるわけじゃないんだなって。

もしかしたら、明日にはいないかもしれない。
だったらやっぱり遠くに離れている間だけでも毎日連絡しようって思うようになりました。

それから毎日両親にはなるべくその日あったことをメールするようにして、時間がないときは生きてるよってことだけ伝えるようにしました 😛

これから留学するみなさんも、できれば毎日家族に連絡をしてあげてくださいね!
ウザイとか思うこともあるかもしれないけど、親にとってはみなさんはいつまでも大切な子供なんで(うちの母がよく言ってます笑)

でも留学ってやっぱりいいですね(^<^)

こうやって普段感じないことを違う国の人との出会いによって、自分の考えが少しずつでも変わってくる、変えることができる。

彼女との出会いがなかったら、たぶん家族や友達のことをもっと大切に思いやるってことができない人間のままだったと思います。

彼女と出会えて本当に良かったです😊
みなさんにもいろんな人との良い出会いがありますように(^^♪