語学学校生活スタート!

NO IMAGE

ビクトリアに到着してから早1週間、いよいよ語学学校に通い始めます。
午前中はオリエンテーションとクラス分けのテストで、午後からは普通に授業に参加。
うわ~、いろんな意味でかなり緊張する(^^;)

とりあえず学校へ向けて出発!!
ホームステイ先の日本人のルームメイトと同じ学校なので、朝からは一緒に通います。
わたしが住んでいる場所から学校まではバスで約20分で到着!

ちなみにわたしが通った語学学校は「GEOS」です。
この学校を選択した理由は、費用が安かったのと、日本人の割合が他の学校と比べて少なそうだったからです。
また、ビクトリアのダウンタウンの主要な通り(ダグラス通り)沿いに面しているので立地も抜群で、近くにはマクドナルドはもちろん、人気の激安ピザ屋さんや、カフェ、本屋さんなどお店もたくさんあります(#^.^#)

この学校には日本人カウンセラーもいるので、何か悩んだときや困ったことがあったときにすぐに相談できるのも魅力だとわたしは感じました。

学校に入り受付を済ませると、クラス分けテストが行われる部屋へ通されます。
わたしたちの前にすでに10人ほどの新入生が来ていましたが、緊張からかみんなとても静かでした笑
わたしも自分のテストのことで頭がいっぱいで話す余裕はありませんでしたが・・・( 一一)

そうこうしているうちにオリエンテーションが始まり、すぐにクラス分けテストへ。
クラス分けテストはペーパーテスト(ヒアリング含む)と、スピーキングのテストです。
ペーパーテストはみんな同じ部屋で行いますが、スピーキングテストは一人ひとり順番に名前を呼ばれて別の部屋で先生と1対1で行われます。

わたしがクラス分けテストを受けた際は、ペーパーテストは約30分~40分ほど、スピーキングテストは一人当たり約10分くらいでした。
ペーパーテストが終わったあといよいよ最も苦手とするスピーキングテストの順番が周ってきました。

部屋に入るとわたしがかなり緊張しているのが伝わったのか、「そんなに緊張しなくても大丈夫。リラックスしてテストを受けて」と言ってくれたのですが、まあこのスピーキングテストが最悪で(+_+)
頭ではこんな風に答えなくてはいけないと分かってはいても、上手くそれを言うことができず、空港の入国審査のときと同様、ほぼ片言で答えてしまい先生も失笑する始末(T_T)

全員のクラス分けテストが終わって少しの休憩を挟んだあと、自分がどのクラスになるのかが発表され、当然のことですが、わたしはレベル1のクラスに振り分けられました( 一一)

GEOSはレベル1から6まであり、レベル6が最高クラスになります。
ちなみにわたしのルームメイトも同じクラスになり、家、通学、クラスもすべて一緒という環境が後々私たちの関係にヒビを入れることになります。。。そのことについては、またいつかブログで書きたいと思います(^-^)

クラス分けテストのあと、午後から授業に参加すると思っていたのですが、テストが早めに終わったため早速自分のクラスに入り授業を受けることに。

Advertisement

レベル1のクラスに行くと、6人の生徒が居て日本人が2人、サウジアラビア人が3人、ブラジル人1人の割合でした。日本人が少なくて良かったと思っていたのもつかの間、今日から入学するレベル1に振り分けられた日本人がわたしを含めて4人いることに気づき、「え?日本人の方が多くね?」と思ってしまったワケです( ゚Д゚)

うん、なんか嫌な予感がする・・・(-_-)
日本人同士になってしまうと、母国語中心に話してしまい勉強にならないと結構聞いたりもするから少し心配・・・

でも、学校内では母国語禁止になってるし、自分がちゃんとしてたらきっと大丈夫。
絶対英語だけ話すようにして、自分をレベルアップさせよう!!

そんなことを考えているうちにお昼前の授業が始まりました。
とある英語の文章を読んだあと、2人でペアを組み、文章に書いてある一番重要だと思う部分をポスターにして仕上げるというものでした。

わたしがペアを組まされたのは年齢が10歳以上下の若い男の子だったのですが、まあこの子の態度が悪くてかなりイライラしてしまいました。もちろん表情や態度には出さなかったですが。

確かにわたしの英語の知識が低すぎるのが悪いと思います。
英語の文章も知らない単語がたくさん並んでいて意味がほとんど理解できていなかったですし。
だからその子に質問したんです、もちろん母国語禁止なので英語で。

でもその子完全無視、というか分からないなら自分が一人で全部やるからいいよみたいな態度を示され(露骨に嫌な顔をされる)さらにイライラが募り。

するとそれを先生が見ていたのか「〇〇君、2人でペアなんだから一人ではなくて2人でやらないと。彼女が分からないところは教えてあげて」と言ってくれたのですが、そのときもまた嫌な顔をされ。
はぁ~、これからこの子と同じクラスでやっていかなければいけないのかと思うと、先が思いやられる。

結局、教えてもらうこともないまま、その男の子が一人で全部やってのけ、わたしは何も理解できないまま最初の授業は終了~( 一一)
休憩45分のランチタイムに突入~\(^o^)/

やっとお昼だ~!!!
学校内には売店とかは一切ないので、外に食べにいくか、家から持ってくるかのいずれかです。
わたしは前日にサンドウィッチを作っていたのでそれを持ってきました。あと、デザートにゼリー。

外に食べに行ったら高くつくし、できればホームステイ先でサンドウィッチを作って持ってきたほうがいいと思います。周りの子もだいたいみんなそんな感じでした。時間も45分しかないし、外に食べに行ってたらすぐに休憩時間が終わってしまうので。

でも、午後からもあの若い男の子と一緒のクラスとかちょっとキツイ・・・
ん?でもちょっと待って、午後は確か選択クラスになるからクラス違うかも!!
わたしは発音とヒアリングを強化するクラスになってるから、アイツがグラマーのクラスだったら午後からは離れられる!!

ひそかに思いを込めて、廊下に貼り付けてあるクラス表を見にいくと、、、、なんと!!
午後からも同じクラスでした(T_T) 最悪。
まあムカつくけど自分のことに集中しよう。悔しいけどアイツが自分よりできるのはホントだし、わたしがもっと勉強すればいいだけの話だ(*_*)

休憩も終わり午後からの選択クラスへ。
この午後からのクラスはレベルが上のクラスの子も一緒に勉強します。

わたしは発音矯正とヒアリングを強化するクラスだったのですが、このクラスの先生がとってもフレンドリーでわたしは大好きでした(#^^#)

授業自体ももちろん楽しかったです。
LとR、SとCの発音の違いなど、実際に自分や他の子の発音を聞いてお互いに矯正したり、正直午前中の授業より午後からの授業のほうがとても面白くて好きでした(^-^)

卒業するころには先生から発音がすごくレベルアップしたと言ってもらえたので、やっぱり頑張った甲斐があったと思います( ̄▽ ̄)

明日はどんなことを勉強するのかな?
ムカつくやつはいたけど、やっぱり自分が興味あることを勉強するって楽しい!!
明日も頑張るぞ~!!!