ビクトリア散策へLet’s go!!!!

ビクトリア散策へLet’s go!!!!

ビクトリアに来て2日目、エージェントに申し込んでいた「生活ガイドツアー」に参加します☆彡
おそらくわたし以外にも参加する人がいると思うので、どんな人に出会えるのかも楽しみ(^-^)

市バスに乗ってさあ!出かけよう!と思っていたら、ホストファザーのトーマスが「今日は乗せて行くから、生活ガイドツアーが終わったらエージェントで待っててね!」と言われエージェントまで一緒についてきてくれました。本当に優しい( ;∀;)

ちなみに、ビクトリアには電車はなく、すべてバスで移動となります。バスはBCトランジットという所が運行しており、ビクトリア市内であればこのバスでどこにでも行くことができるので本当に便利です(^-^)
このバスのことについてはまた今度お伝えしますね(^^)

さあ、ホストファザーの車に乗って出発!!
エージェントはビクトリア市内の中心部、ダグラス通りの近くにあり、家から中心部まで約20分ほどで到着。
トーマスとはここでいったんお別れです(^^)

エージェントには3~4人くらいの女性の方が働いていて、みなさんとても優しく頼りになりそうな方たちばかりなのでとりあえず安心しました。
オフィスの中は、無料で使えるパソコンが3台あり、1週間10枚以内なら無料でコピーもさせてもらえます。Wi-Fiも無料で使い放題なので、オフィスの中にいる間は滞りなく日本から持っていったSIMフリーのスマホを利用することもできます。また、マンガや雑誌、DVDなども無料で貸してくれますし、お茶やココア、コーヒーなども常備されていました。

わたしの前にすでに生活ガイドツアーに参加する人が2人来ていたのですが、年齢はわたしの一回りくらい下で、一人は18歳の女の子、もう一人は20歳の男の子で、この子たちは2人ともワーキングホリデーではなく学生ビザを使ってビクトリアへ来ているとのこと。
そしてココでわたしがふと思ったこと。学生に戻りたい・・・笑

生活ガイドツアーの流れとしては、まずはエージェント内でオリエンテーション(生活する上での注意点、便利な情報、仕事探しについてなどの情報共有)、街中散策、希望する人は銀行口座の開設手続きといったかんじでした。

オリエンテーションは約30分くらいで終わり、まずはガイドの方と一緒に銀行口座開設へ向かいます。
ビクトリア市内の銀行は、TD Canada Trust、CIBC、Coast Capital、RBC、Bank Montreal、Scotia Bankとあり、中心部のダグラス通り沿いにこれらの銀行の大きい支店がそろっています。

この銀行のなかでもTDとCIBCは支店数もかなり多く、銀行口座開設のプランの種類も豊富なので、この2つのいずれかがおすすめだと思います。
わたしはというと、とりあえず一番有名どころのTDで銀行口座を開設することに。
銀行口座開設の際には以下のものが必要でした。

【銀行口座開設に必要なもの】

icon-check-square-o パスポート

icon-check-square-o 身分証明書(クレジットカードや国際免許証など)

icon-check-square-o カナダの住所を証明できるもの

カナダの住所を証明できるものは、自分宛に届いた郵便物などですが、到着したてのころは郵便物がないと思うので、滞在先の住所が記載されている書類などを持っていくといいかと思います。
実際わたしも郵便物がなかったので、ホストファミリーの住所が記載されている書類を持参しましたが、それで問題ありませんでした。

もし、どうしても自分宛の郵便物などでないと口座開設できないといわれた場合は、ちょっと寂しい気もしますが、自分で自分宛に手紙を出せば現住所の証明となります。

口座開設の手続きの流れ(TDの場合)は、まず窓口で口座開設をしたい旨を伝えると、別室へ案内され担当者との面談が始まります。
面談は、どのプランにするのかや、担当者からの色々な質問に答えるといった感じです。
質問の内容としては、「カナダに何をしにきたのか?」「滞在期間はどのくらいか?」「所持金はいくらあるのか?」など簡単な質問ばかりなので、とくに緊張する必要はありません:)

プランはいろいろな種類がありますが、わたしが申し込んだのは、毎月1000カナダドル以上を預金しておけば、銀行への毎月のサービスチャージやATMでの手数料が無料になるプランです。

銀行へのサービスチャージ、これ日本ではほぼ聞いたことがないと思いますが、カナダなどの欧米では銀行口座を開設したら毎月銀行にこのサービスチャージを支払う必要があります。このサービスチャージというのは、いわゆる口座を維持するための費用(口座維持費)です。

この口座維持費は各銀行によって異なりますが、だいたいどの銀行も毎月1,000円前後で、預金残高がある一定以上の金額を下回った月は、口座から自動的に口座維持費が引かれることになります。
そのため、毎月自分の預金残高をきちんと確認しておくように注意しましょう。

わたしが申し込んだプラン以外にも、学生専用のプランなどもあるようなので、どれが一番自分にあっているかを確認し申し込むようにしましょう。
もし口座開設の申し込みに不安がある場合は、わたしのようにエージェントに口座開設の手続きを手伝ってもらうのも一つの手です(^-^)
ただ有料の場合もあるので、料金の有無はエージェントに事前に確認をしておきましょう。

口座開設のプランが決まったら、あとは申込書に必要事項を記入し、口座が発行されるのを待つのみです。
口座の発行が完了したあと、口座の暗証番号を聞かれるので、暗証番号を考えておきましょう。
最後にアカウントナンバー(口座番号)が記載された書類などを一式渡されて手続き終了です。

ちなみに、日本では通帳やキャッシュカードが発行されますが、カナダではデビッドカード機能がついているキャッシュカードが発行されるだけで通帳はありません。
そのかわりに、毎月の利用明細が郵送で送られてくるか、もしくは自分でTDのWEB上から利用明細や残高を確認することが可能です。利用明細の郵送が不要な場合は、口座開設時にその旨を伝えておきましょう。

また、キャッシュカードは口座開設をしたその日に銀行で渡されるわけではなく、1週間から2週間後に銀行に登録した滞在先の住所へ送られてきますので、送られてきたら自分のカードで間違いないかどうかを必ず確認してくださいね(^^)

Advertisement

口座開設の手続きも無事終了したので、さっそく街中散策へ向かいます。
散策といっても、どこにどんな店があるとか仕事をするうえで必要になるSINナンバーを手続きする場所を教えてもらったりするといった感じです。

ビクトリアの街はというと、都会すぎず田舎すぎず、近くには海も広がります。
海沿いには散歩ができるような遊歩道もあり、天気がいい日の景色は本当に最高です(*^-^*)
わたしは一度歩いただけで、このビクトリアの街が大好きになりました。きっとみなさんもこの街が大好きになるはずです(^^)

そしてこれが、観光地としても有名な「州議事堂」です↓

この州議事堂は中に入って観光することもでき、中にあるレストランでランチを食べたりすることも可能で、ランチはおいしいと評判です(#^.^#)
ビクトリアに行かれるか方はぜひ行かれてみてください!!

街中散策も終わり、エージェントへ戻るとトーマスがお出迎え。
今日はカナダで初めての銀行口座開設や、街中散策を楽しんだおかげでドット疲れがきましたが、とても楽しい1日でした(^^♪