カナダへのお金の持って行き方

カナダへのお金の持って行き方

カナダではクレジットカードやデビッドカードが主流で、レストランやコンビニでのちょっとした支払いにもカードが使われています。
わたしがカナダに滞在している間は、現金払いをしている現地の人を見かけることはほとんどありませんでした。

ただ、ホームステイやシェアハウスなどの家賃の支払いの際に現金が必要な場合もあります。
そこで、わたしの経験もふまえて、カナダへのお金の持って行き方をいくつか紹介したいと思います。

お金の持って行き方

1.現金を持っていく

カナダに税関申告なしで持ち込める現金は10,000ドルまでです。
10,000ドルを超える場合は入国の際に税関で申告が必要となります。

もし10,000ドル分の現金をカナダへ持参する場合は、現地到着後すぐにカナダの銀行口座を開設しカナダドルに換金して預金をしておきましょう。

みなさんもご存知の通り、手元に多額の現金を長く保管しておくのは非常に危険ですので、到着後はすぐにカナダの銀行口座を開設しにいきましょう。

銀行口座開設後はデビッドカードが郵送で送られてくるので、現金が必要になっても各銀行のATMでいつでもカナダドルで引き出しができます。

ただ、多額の現金を持って行くとなると、盗難などへの注意がかなり必要です。
また、残高が少なくなったら日本にいる家族に送金をしてもらう必要があるので、手間や送金日数のことを考えるとあまりおすすめできない方法です。

2.クレジットカードを持っていく

最初にお伝えしたように、カナダではクレジットカードやデビッドカードが主流なため、家賃などの支払い以外はこれらのカードを持っていれば支払いに困ることはまずありません。

また、「ワーキングホリデーに持っていくものは?」の記事のポイント部分でも少しお伝えしていますが、クレジットカードの表面または裏面に「PLUS」マークが付いているものは国際キャッシュカードにもなるため、カナダのATMで日本の口座から現金を引き出すこともできます(お金はカナダドルで出てきます)

ただし、引き出し時の手数料が日本とカナダのどちらもかかってくるので、こまめに引き出すのではなく一気に引き出して、すぐにカナダの口座に預金をしておきましょう。
※各銀行のATMには引き出し限度額が設定されている場合があります

なお、カナダではクレジットカードやデビッドカードが主流とお伝えしましたが、クレジットカードを持参するときに注意しておきたいのがカードブランドです。

カードブランドといえば、VisaMasterJCBAMEXなどがありますが、カナダではVisa、Masterが主流です。AMEXも使えないことはないですが、お店によっては対応していない場合もあります。またカナダなどの北米ではJCBがまだそこまで浸透していないため、JCBを使えないお店がほとんどです。

そのため、クレジットカードを持って行く場合は、Visa、Masterのいずれかのカードを持っていくことをおすすめします。

3.海外専用プリペイドカードを持っていく

海外専用プリペイドカードとは、あらかじめ決められた指定口座にお金をチャージしておき、キャッシュカードのように現地のATMで現金を引き出したり(ATM引き出し手数料が発生します)、クレジットカードのようにレストランやショッピングなどの支払いに使用することができる優れものです。

また、残高の範囲内で使うことができるため、お金を使い過ぎる心配もありません
残高がなくなった場合は、日本にいる家族に指定口座へのチャージをお願いしたり(家族に入金してもらう場合は委任状が必要です)、インターネットバンキングを使って自分でチャージをすれば、またいつでもプリペイドカードを利用することができます。

おすすめの海外専用プリペイドカードは、「マスターカードプリペイドマネージメントサービスジャパン㈱」が発行しているキャッシュパスポートです。

銀行口座の開設が不要で、未成年の方でも申し込みができ、1週間ほどでカードが手元に届きます。
また、一番うれしいのは、スペアカードが無料で付いてくるということです。

クレジットカードを紛失してしまった場合は、海外にいるにもかかわらず非常に面倒な手続きをしなければならなくなりますが、キャッシュパスポートならもしカードを紛失したりしても、スペアカードがあるので安心してすぐに使うことができます

また、キャッシュパスポートはクレジットカードとは違い、日本の銀行口座とは全く繋がりがないため、口座情報などを盗まれたりする心配もなくセキュリティも万全です。

キャッシュパスポートは5年間有効で、もし使わない場合は残高を払い戻ししてもらうことも可能です(カード清算手数料が発生します)。

一方で各種手数料が発生したり、入金や引き出しの限度額が設けられています。

各種手数料

各種手数料というのは、入金手数料ATM引き出し手数料などです。
入金手数料は入金額の1%、ATM引き出し手数料は1回につき約200円程度が発生します。

また、カードを解約する場合でカードに残高がある場合は、払い戻しの手続きができますが、その際カード清算手数料として500円+消費税がかかります
そのため、なるだけ残高を残さず使い切ってしまったほうが無難だと思います。

■限度額

1回あたりの入金限度額は100万円です。
また、12カ月の入金限度額は500万円、ATM引き出し限度額は15万円(現地のATMでは別途引き出し限度額を15万以下に設定されている場合があります)となっています。

ちなみに現地であまり大きい買い物をすることはないと思いますが、ショッピング利用限度額は85万円です。

このように少し不便に感じる部分もあるかもしれませんが、残高の範囲内でお金を使うことができるので、お金の管理が苦手な人には一番向いているお金の持って行き方なのではとわたしは思います。

どの方法でお金を持って行くのがベストか?

クレジットカードや、海外専用プリペイドカードなどを紹介しましたが、わたしはすべて組み合わせて持っていくことをおすすめします。

現地到着後、万が一のときにすぐに現金が必要になる場合を見越して、日本から出発するときは2万~3万円分のカナダドルを日本で両替して持っていき、かつクレジットカードを1枚、海外専用プリペイドカードをスペアカードを合わせて2枚持っていくのがわたしの中ではベストな方法だと思います。

プリペイドカードを持っていくならクレジットカードは不要なのでは?と思う方もいると思いますが、システムの不具合などの関係でプリペイドカードが使えないといった場合も充分に考えられるので、クレジットカードも一緒に持っていくことをおすすめします。

おわりに

わたしは知識不足で海外専用のプリペイドカードがあることを知らずにカナダへ行き、現地でクレジットカードをほとんど使っていましたが、やはりクレジットカードは魔物ですね・・・

自分でお金の管理ができていないのが悪いのですが、恐ろしい金額を1カ月で使っていたりしました。
クレジットカードの場合は、その都度引き落としされるわけではなく月に一度決まった日に一気に引き落としされるので、使っている金額がマヒしてくるんです(^^;)

プリペイドカードであれば自分専用のアカウントでその都度残高や取引履歴が確認できますし、残高の範囲内でしか使えないようになっているので、お金の管理が苦手な人にはとても向いているカードだと思います。

せっかく貯めたお金を無駄遣いしないためにも、プリペイドカードという選択肢も加えてみてはいかがでしょうか?(^-^)

 

キャッシュパスポートの詳細はこちら