ワーホリ前に日本で行っておくべき手続き

ワーホリ前に日本で行っておくべき手続き

海外に長期にわたって滞在するときの日本の役所での手続きについては皆さんご存知でしょうか?
恥ずかしながらわたしは何も知らなかったので、ワーホリ出発間際になりこれらの手続きをするはめになりました(+_+)

もしかしたらすでにみなさんご存知のことかもしれませんが、今回は日本出発前に行っておくべき手続きについてお伝えしていきたいと思います。

日本出発前に必要な手続き

住民税・所得税、国民健康保険、国民年金の手続きが必要になります。
これらの手続きをしておかないと、余計な出費をしてしまうことにもなりかねないので、必ず日本出発前にご自身で手続きを済ませておきましょう。

では早速、必要な手続きについて見ていきます。

1.国外転出届の提出

海外に1年以上滞在する場合は、みなさんが住んでいる地域の役所に「国外転出届」を提出しましょう。
この届出を出すことにより、みなさんは居住者ではなくなり、所得税および住民税の納付義務がなくなります。

所得税について
所得税は国外転出届を出した翌月から納付義務がなくなります。
また、年度の途中で退職した場合で、ワーホリ出発前に確定申告をしておくと税金がいくらか返ってくる場合もあります。

住民税について
住民税は国外転出届を出した翌年から納付義務がなくなります。
1月1日の時点で各居住地に住所がある場合、前年中(1月1日~12月31日)の収入や所得をもとに計算された住民税として課税されます。

前年分に対する住民税の納付は6月からですが、1月1日の時点で住民票が各居住地になければ、その年の6月に請求される住民税の納付義務はありません。

ただし、住民税の支払いが12カ月の分割払いとなっていた場合は、転出届を出した翌年の5月までは支払い義務があるため、住民税を納付しなければなりません。

また、海外への滞在が1年以上であっても、自分または家族の居住に供する目的の住宅(住所地以外の場所に持っている住宅)を有している場合は、住民税の均等割が課税されます。
詳しくは各市町村の窓口へ確認しておきましょう。

 

icon-info-circle  国外転出届を提出する場合の注意事項

国外転出届は出国予定日の14日前以降でしか提出ができません
また、届出を提出する際は、以下のものを持参する必要があります。
※各自治体によって持参するものは異なる場合があります。

icon-check-square-o届出人の印鑑
icon-check-square-oマイナンバーカード(または通知カード)
icon-check-square-o国民健康保険被保険者証(被保険者のみ)
icon-check-square-o年金手帳
icon-check-square-o印鑑登録証(登録者の方)
icon-check-square-o本人確認ができる身分証明書(運転免許証やパスポート)

届出の際に必要なものは前もって役所へ確認し、準備しておきましょう。

※国外転出届を出すとマイナンバーは一旦返納となりますが、日本帰国後に転入届を出すと、新しいマイナンバーが割り振られカードが自宅に届きます。(マイナンバーの番号は以前とは異なります)。

2.国民健康保険の手続き

会社を退職したあとは、それまで加入していた社会保険を任意継続するか、それとも国民健康保険に切り替えるかのいずれかを選ぶことになります。

ちなみにわたしは退職後、国民健康保険に切り替えましたが、ワーホリに行く前に国外転出届を提出し、国民健康保険を脱退しました。
なぜなら、海外にいる間もずっと保険料を支払わなければいけなくなるからです。

なお、海外滞在中も国民健康保険に加入しておきたい場合は、「国外転出届」の提出はできません
そのため、国民健康保険の保険料や住民税・所得税の支払い義務が生じます

海外滞在中も国民健康保険に加入している場合、海外で病院にかかり、かつ海外での滞在期間が1年以内なら、指定の書類手続きをすることで、日本での治療費に換算されたうえで約7割が返還されます。
ただ、カナダへワーホリに行くときには海外旅行保険に加入していきますし、国民健康保険に加入しておくメリットはあまりないのかなと思います。

わたし自身はお金に余裕がある方ではなかったので、とにかく支払いが生じないように脱退をしました。
脱退の手続きについては、わたしの地域では「国外転出届」を提出したら自動的に国民健康保険も脱退扱いとなっていたので特にすることはありませんでした。

おそらく他の自治体も同じだとは思いますが、もし国民健康保険を脱退する場合は、念のため何も手続きはいらないのかなどを役所に確認しておきましょう。

3.国民年金の手続き

こちらも「国外転出届」を提出するかしないかで支払い義務が異なりますが、国民健康保険とは少し異なります。それは「国外転出届」を提出しても任意加入ができるという点です。

「国外転出届」を提出しない場合は、海外滞在中も支払義務が生じます。
一方「国外転出届」を提出した場合は、自動的に一時中断になり海外滞在中は国民年金の支払いを免除されます。

ですが、そうなると将来受け取る年金額が減ってしまうという懸念をもつ人も少なからずいると思います。

その場合は、国民年金の「任意加入手続き」を行っておきましょう。
国民年金は国民健康保険とは異なり、「国外転出届」を提出したとしても、「任意加入手続き」をすることが可能で、この手続きをすればワーホリ中にも国民年金の支払いができるようになっています。

ワーホリ中の支払いを免除するかしないかはもちろん個人の判断になるので何とも言えませんが、免除になった国民年金は10年いないであれば追納もできるようなので、一度お近くの年金事務所でたずねてみて判断されるのもいいと思います。

国民年金免除の手続きも「国外転出届」を提出した場合は、特に何もすることはありませんでした。
「任意加入手続き」をする場合は、年金手帳や印鑑、本人確認書類などが必要になります。
詳細は前もって各自治体へ確認しておきましょう。

おわりに

国民年金については、これから先にも関わることなので、自治体や年金事務所などでよく話を聞いたうえで免除するかしないかを考えたほうがいいと思います。

国民年金、住民税・所得税のことなど、いままであまり考えたことがなかったという人は、これを機にいろいろ勉強になると思います。出発前の準備でいろいろと大変だと思いますが、こういった役所での手続きも忘れずにしっかりと行っておきましょう!