カナダへの海外送金ってどうやるの?必要なものは?

カナダへの海外送金ってどうやるの?必要なものは?

海外に長期で行くとなると、日本から家族に送金してもらったり、現地の語学学校の授業料を日本から送金する場合もあると思います。

そこで今回は海外送金をする際に必要なものや、海外送金の仕方を紹介したいと思います。
ちなみにわたしは地元の地方銀行からカナダの銀行であるTD(カナダトラスト)へ送金しました。

各銀行によって海外送金の際に必要なものなどが少し異なることもあるかもしれませんが、ほとんど流れは同じかと思いますので少しでも参考になれば幸いです(^^)

海外送金をする前に

1.銀行が各国への海外送金業務を行っているかを確認しましょう!

銀行によっては海外送金の業務を取り扱っていない場合もあります。また、銀行自体が取り扱っていたとしても、各支店によって海外送金の取り扱い可否が異なることもあります。そのため、事前に銀行のホームページ上で確認するか、銀行へ直接問い合わせてみましょう。

2.各国の通貨を取り扱っているか確認しましょう!

海外送金をする場合、日本円ではなく各国の通貨で送金をすることになると思います。
各銀行や支店によって取り扱っている国際通貨は異なるため、こちらも必ず事前に問い合わせるなどして、自分が送金する相手国の通貨を取り扱っているのかを確認しておきましょう。

3.海外送金に必要な情報はすべて揃えておきましょう!

海外送金をする際は以下のような情報が必要となります。
情報がない場合は送金できないため必ず事前に調べておきましょう。

生活費の仕送りや学校の授業料の支払いの場合には、「原産地・船積地・仕向地」は不要です。
また、下記以外にも、現地銀行の「銀行番号」「支店番号」「銀行の電話番号」が必要な場合もありますので、こちらも念のため事前に調べておきましょう

4.送金目的を確認できる資料を用意しておきましょう

わたしが利用した肥後銀行では「マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策への管理態勢を強化しているため」という理由で、送金目的が確認できる資料の提示を求められました。

よく意味が分からないという人もいるかもしれませんが、いわゆる違法な海外送金でないかどうかを確認するためということです。

例えば、送金目的が「学校の授業料の支払い」であれば、就学が確認できるもの(在学証明書等)の提示が必要になります。入学前であれば授業料の内訳が記載されているものや請求書があれば問題ありません

また、日本から家族に送金をしてもらう場合で、送金目的が「生活費」や「仕送り」などの場合は、お金を受け取る本人との関係が確認できる資料の提示が必要です。
この場合は、戸籍謄本などになるかと思いますので少し面倒になりますね(^^;)

ただし、各銀行によって確認資料の要否が異なるため、利用する銀行に事前に確認しておくといいと思います。

海外送金の際に必要なもの

icon-check-square-o 通帳
icon-check-square-o 銀行の届出印
icon-check-square-o 本人確認ができる顔写真付きの公的証明書(運転免許証など)
icon-check-square-o マイナンバーカード
icon-check-square-o 送金に必要な情報(現地銀行の銀行情報など)
icon-check-square-o 送金目的が確認できる資料

顔写真付きの公的証明書がない場合は、現住所の記載がある本人名義の公共料金の領収書などの提示が別途必要になることがあります。

またマイナンバーカードと送金目的が確認できる資料については、銀行によっては不要な場合もありますので事前に銀行に確認しておきましょう。

海外送金の仕方

➀送金に必要なものを銀行へ持参し、窓口で「〇〇(国名)に〇〇ドル(現地通貨)で送金をしたい」と伝えます。

②「外国送金依頼書」を渡されると思いますので、依頼書をもらったら送金に必要な情報をすべて記入します。

③記入後に窓口へ提出すると、日本円で支払う金額がいくらになるのかを提示されるので、その料金を支払います。

④支払い終了後、「外国送金依頼書の控え」と「外国送金計算書」をもらって完了です。

※「外国送金依頼書の控え」と「外国送金計算書」は大事に保管しておきましょう!!

海外送金をするなら都市銀行がおすすめ

わたしは地元に都市銀行がなかったため、いつも利用している地方銀行で手続きをしましたが、都市銀行の方が海外送金の手続きは早いです。

また、三菱UFJ銀行であればホームページから事前に「外国送金依頼書」を作成しておくことができるので時間短縮になります。
もし近くに都市銀行があれば、そちらで手続きされることをおすすめします。

おわりに

事前に必要な情報さえすべてそろえておけば海外送金は簡単にできます。
わたしも最初はどきどきしましたが、終わってみれば「なんだ、これだけか」っていうほど簡単でした。
もちろん手続きをしてくれた銀行の人にも感謝しています!
みなさんの海外送金もスムーズにできますように!!