どこに行く?カナダワーキングホリデー滞在都市の決め方

どこに行く?カナダワーキングホリデー滞在都市の決め方

カナダワーキングホリデーの滞在先はみなさんお決まりでしょうか?

わたしはカナダの中でもどこの都市に滞在をするかとても悩みました。
1年間という限られた時間のなかで、どこの都市に滞在するのかはとても重要だと思ったからです。

いろいろと考えた結果、わたしは「ビクトリア」に1年間滞在し、とても楽しい時間を過ごすことができました。

今回は、ワーキングホリデーで重要となる滞在都市の決め方について、簡単ではありますが少し紹介したいと思います。

目的別で決める

ワーキングホリデーで何をしたいのかが明確に決まっている人は、この方法で決めていきましょう。

例えば、ウィンタースポーツを主にしたい人は、ウィスラーバンフがおすすめですし、お酒(ワイン)などが大好きでワイン造りなどに興味があるという人はワイン造りで有名なオカナガンがあるケロウナに滞在するのもいいかと思います。

このように、自分が何をしたいか決まっている場合は、滞在先がすぐに決まりますね(*^^*)

■目的別おすすめ滞在都市

icon-check-square-o ウィンタースポーツを楽しみたい
  ウィスラーバンフホワイトホース

icon-check-square-o お酒(ワイン)が好きでワイン造りに興味がある
  ケロウナ

icon-check-square-o 英語だけではなくフランス語も学びたい
  モントリオール

icon-check-square-o 大自然を満喫したい
  カルガリーバンフイエローナイフホワイトホース
カルガリーやバンフはカナディアンロッキーに近いですし、
イエローナイフやホワイトホースではオーロラを見ることができます。

icon-check-square-o とにかく大都市に住んでみたい
  バンクーバートロント

目的がない場合はどうやって決める??

わたしもそうだったのですが、特別に何かしたいことが決まっていたわけではありません。
じゃあわたしはなぜ滞在都市をビクトリアに決めたのか??
それは、日本人の割合気候治安が決め手でした。

最初は、バンクーバー、トロント、モントリオールなどの大都市を希望していたのですが、治安に少し不安があったり、冬の寒さに耐えられない可能性があったので比較的治安も良く、1年を通しての気候があまり日本とは変わらないビクトリアに決めました。

また、わたしの中でいちばん重要だったのが日本人の割合です。
せっかくカナダに行くのに、、日本人が多いところは嫌だなぁと思っていたので・・・(^^;)

そのため、ほかの都市に比べて日本人の割合が比較的少ないといわれていたビクトリアが有力候補として上がり、治安、気候などもわたしに合っていると思ったのでここに滞在することにしたんです。

でも、実際に行ってみると、日本人の割合結構高かったです(^^;)
最近は、ビクトリアも人気が出てきているようですね・・・

特別やりたいことが決まっていなくても、気候や治安などを考慮し滞在都市を決める方法もあります。
生活していく上で、過ごしやすい場所かどうかは、みなさんが思っている以上に重要なことです。
各都市のことを色々な角度から調べてみて、滞在都市を決めていきましょう。

Advertisement

途中で都市移動してもOK!!

日本出発前に滞在都市を決めても、実際住んでみると「何か違うなぁ」と感じる人もいるかもしれません。
そんなときは、思い切って都市移動も検討してみましょう。

わたしが住んでいたシェアハウスのルームメイトは、ビクトリアに約3カ月滞在した後、トロントへ移動しました。

ただ、都市を移動する際は、ビザが半年以上残っている状態で移動した方がいいと思います。
残りのビザの日数が半年を切ってしまっている場合、仕事が見つけにくくなるからです。

もちろん絶対に仕事が見つからないというわけではありませんが、見つかる可能性は低くなります。
現地の就労先も、できれば長く勤めてくれる人を探しているからです。
そのため、都市移動をするかどうかの見極めは、滞在3カ月目までに決めることをおすすめします。

ちなみにわたしの知り合いは都市移動をする人が何人かいました。
ビクトリアからトロント、ビクトリアからケロウナ、ビクトリアからモントリオールなどいろんな場所に移動していきました。

理由はいろいろです。やっぱり大都市で働いてみたいとか、お酒造りを見てみたいとか。
1都市だけではなく違う都市にも滞在してみたいという方は、このように途中で移動する手もありますよ(*^-^*)

まとめ

ワーキングホリデーの滞在先を適当に決めてしまっては、時間を無駄にしてしまう可能性もあります。
ワーキングホリデーを楽しむためにも、自分にあった滞在先を焦らずゆっくりと決めていきましょう!!