ホームステイはしたほうがいい?ホームステイのメリットとデメリット

ホームステイはしたほうがいい?ホームステイのメリットとデメリット

これからワーキングホリデーに行く人の中には、ホームステイをした方がいいのか?と思っている人もいると思います。

そこで今回は、わたしが実際にホームステイをして感じたメリットとデメリットをお伝えしたいと思います。

そもそもホームステイとは?

現地の人が、他国から来た留学生を自分の家に受け入れ、生活を共にし、留学生が現地の文化や生活環境などに触れることができる大きな機会です。
また、現地の人と暮らすことで、必然的に会話は英語になりますし、多少は英語力UPにもつながります

ただ、残念ながらお金だけが目当てで留学生を受け入れているところも結構あるのが現状です。
受け入れるだけ受け入れて、ご飯は適当、ろくに会話もしない、一緒に外出することもないなどといったケースが多々あります。

自分が本当に良いホストファミリーに出会えるかどうかは、正直「運」です。
万が一、あまり好ましくないホストファミリーのもとで過ごしてしまうことになった場合は、すぐにエージェントに相談しステイ先を変更してもらうように依頼しましょう。我慢をする必要は一切ありません

ホームステイのメリット

➀多少なりと英語力がUPする、英語を話すことに対して度胸がつく

現地に到着したてのころは、間違った英語を話すことに対して恥ずかしいという思いが少なからずあると思います。

でも、ホストファミリーのもとで過ごせば、毎日何かしら話をしますし、会話はすべて英語のため英語を話すことにどんどん慣れていきます。
そのため、早いうちにステイ先以外でも英語を話すことに全く抵抗がなくなります。
ただし、ホストファミリーには積極的に自分から会話をすることが重要です。

②現地の文化や生活環境にたくさん触れることができる

ホームステイを始める時期にもよりますが、誕生日、クリスマス、ハロウィン、サンクスギビングデーなど、盛沢山のイベントをホストファミリーと一緒に過ごすことができます。

特に9月~12月にかけてはハロウィン、クリスマスなどの大きなイベントがあります。
10月には「サンクスギビングデー」があり、この日は家族みんなで食卓を囲み、大きな丸焼きチキンやカナダの伝統料理を食べたりします。
サンクスギビングデーは日本にはない文化なので、ぜひホームステイ先で体験してほしいことの一つです

わたしは9月~12月までホームステイをして、サンクスギビングデーの日には七面鳥の丸焼き作りを手伝わせてもらったり、ハロウィンには家の飾りつけをしたり、カボチャに絵を書いたり、訪ねてきた子供たちにお菓子をあげたりなどいろんなことを体験させてもらい貴重な思い出になりました。

③困ったことがあればすぐに助けてくれる

ケガや病気をしてしまった場合など、病院まですぐに連れていってくれたり、何か困ったことがあれば必ず力になってくれます。

わたしは現地で動物保護施設のボランティアができるところがないか探していたのですが、なかなか見つからなかったためホストファミリーに相談をしました。

すると、わざわざ動物保護施設まで連れていってくれ、どこでボランティアができるのかなど色々と施設の人に尋ねてくれました。
結局どこの施設もボランティアの募集をしていなかったのですが、ここまでしてくれたホストファミリーにはとても感謝しています。
現地のことは現地の人に聞くのが一番ですし、やはり頼りになります。

④働く場所がすぐに見つかる可能性もあり

カナダはコネ社会なので、働く場所もコネで見つかる人が多いです。
仕事探しのことをホストファミリーにそれとなく相談してみると、もしかしたら何か仕事を紹介してくれる可能性もあります。

実際わたしはホストファミリーにカフェで働いてみないか?と言われましたが、自分で仕事を探してみたかったので断りました。あとどうしても働きたい場所があったので・・・

どのようにして仕事が見つかるか分からないので、日ごろからホストファミリーと会話をするように心がけておくといいと思います。

ホームステイのデメリット

➀門限がある

全部の家庭ではありませんが、ステイ先によっては門限が決まっているところがあります
わたしの友人は夜の9時が門限だったので、バーに行ってゆっくりお酒を飲んだりすることもできなかったです。
夜まで思いっきり遊びたいという人には、門限は結構きついと思います。

②シャワーの時間が決まっている

これも全部の家庭ではないのですが、シャワーの時間が10分以内などと決まっているところがあります
カナダでは水は大切に扱われているからです。

わたしのステイ先では制限時間は特に決まっていませんでしたが、友人のステイ先は10分以内という制限があり、それを超えるとホストファミリーに注意されることもあったようです。

日本人のわたしたちにとってはちょっと辛いですが、これもカナダの文化の一つとして慣れましょう!!

③いくら仲良くなってもやっぱり気は遣う

どんなに仲良くなっても気を遣うときも結構あります。
ご飯の量が少ない時とか、もっと食べたいと思っててもやっぱりそれをはっきりとは言えなかったですね・・・あとでお腹が減って、こっそり部屋でお菓子食べたりしてました(+_+)

④料金が高い

わたしのステイ先は4週間(3食付き)で780ドルでした。もっと高いところだと800ドルを超えるところもあります。

ただ、住まわせてもらってご飯も作ってもらって、かつ英語を話す機会が多いことを考えると仕方ない金額なのかな?と思ったりもします。

まとめ

ホームステイにもメリットとデメリットがありますが、現地の人の生活環境や文化に少しでも触れるために、わたしは最低1カ月だけでもホームステイをしてみる価値はあると思います。

わたしの友人はとても良いホストファミリーに出会えたため、結局1年間ずっとホームステイをしていました。
最高のホストファミリーに出会えるかどうかは「運」ですが、人はどこでどう繋がっていくか分かりませんし、現地の人と英語を使って話す度胸を早く身に付けるためにもわたしはホームステイも悪くないと思いますよ(^^)
みなさんが最高のホストファミリーに出会えますように!!